MENU

過払い金とは?

過払い金とは、貸主に対して、払い過ぎたお金の事を指し、5年以上年率18%以上で、借り入れしている方は、過払い金が発生している可能性があります。
過払い金請求は、消費者金融や銀行ローン、クレジットカードが対象となります。

 

お金

 

何故過払い金が発生するの?

過払い金は、利息制限法で定められていて、15〜20%と定められていますが、割合は金額により異なります。
つまり、お金を貸している方には、利息制限法の上限を超えた金利を受け取る法律上の権利はなく、利息制限法の上限を超える金利を支払っている場合かつ、支払い過ぎた金額が借金の元本を超えた場合においては、超過部分の金額を貸金業者から返還してもらえます。

 

過払い金請求は、個人でも出来る?

過払い金請求は、個人でも請求をかけることは可能ですが、メリットとデメリットがあります。

 

orange

メリット

 

メリットは、弁護士費用がかからないので、全額自分に返還されますから、小額な場合にはお得です。近年では、ネットの普及により、過払い金の請求金額の出し方や、過払い金請求を行った方のブログなども拝見できます。

 

orange

デメリット

過払い金請求をする場合、貸金業者が全て良い方とは、限りませんし、近年は過払い金請求をする方が増えているので、過払い金請求の顧問弁護士を置く会社も増えてきました。なので、此方が万全でも少額の和解金となる事も少なくありません。

 

また、連絡をとる際に、封書などで通知される場合があるので、家族や身内に借金をしている事がバレてしまう可能性があります。
その一方で、過払い金をするには、多大な書類と手間がかかりますから、心身共疲れてしまう可能性が高いので、なるだけなら、過払い金のプロである行政書士や弁護士に頼んだ方が良いと思います。

このページの先頭へ