MENU

自己破産とは?

自己破産は、債務者が裁判所への申し出により、債務整理する手続きの事を指し、個人だけでなく、企業などの法人もこの手続きを踏みますから、よく自己破産を申し出した法人がニュースになるのを目にした事もあると思います。

 

自己破産は、個人でも出来る?

自己破産は、裁判所に申し出するだけですから、個人でする事も可能ですが、膨大な書類作成で時間と労力を費やすので、行政書士や弁護士に依頼するのが良いと思います。
また、行政書士や弁護士事務所によっては、債務整理を専門に行う所もあり、自己破産より、良い方法があれば、教えてくれますから、オススメです。

 

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、家賃滞納や消費者金融などの借金から免れる事ができ、20万までの預貯金は、残す事が出来ます。また、給料の差し押さえなどがなくなるので、ある程度の生活は保証できます。自己破産は、個人の申し出なので、家族には関係がなく、連帯保証人でない限りは個人の問題になります。

 

自己破産のデメリット

自己破産は、メリットもいっぱいありますが、デメリットもあります。まず、免責されるものには、ギャンブルに関するものはされません。決定するのは、裁判所ですが、家賃滞納や消費者金融の借金など生活に関わるものは、免責されますが、ギャンブルは余暇なので、認められる事が少ないようです。

 

男性01

また、免責決定まで、半年から1年かかるので、その期間中は士業など、特定の職業には就けませんし、その間は免責は免れませんから、借金を返さなければなりません。

 

戸籍には掲載されませんが、官報には、氏名と住所が掲載されますし、5年はブラックリスト(信用情報機関)に載ります。ブラックリストに載ると借金全般借りれませんから、消費者金融だけでなく、車のローンや住宅ローンだけでなく、携帯電話本体の分割払いも出来なくなります。ブラックリストに載るといってもそれで身内にバレてしまうことや、これからの人生にかかわる重大なことではないので心配は無用です。

 

自己破産は、最終手段

借金を免れる為に自己破産を考える方も多いですが、自己破産はメリットもあれば、デメリットもありますから、一度借金に困っているならば専門家である弁護士や行政書士に相談して、より良い方法で借金について考えるのが良いと思います。

このページの先頭へ