MENU

.特定調停って何?個人でも手続き出来る?

特定調停とは?

私達がよく聞く言葉が「債務整理」ですが、特定調停とは債務整理の手続きの1つです。債務整理というと自己破産を思い浮かべる方が多いですが、自己破産も債務整理の1つとされています。

 

特定調停の手続き方法は?

書類

特定調停は、借金の返済が滞る可能性がある時に、簡易裁判所に申し出る事により、調停人が仲介に入り、借金をしている方と貸している側と話し合いにより、解決する方法です。

 

簡易裁判所での手続きなので、個人での手続きも可能ですが、書類作成などは行政書士や弁護士のが、プロですし円滑に出来ますからプロにお願いするのが良いと思います。

 

特定調停のメリット

利息制限法の限度額の引き下げが可能な為、利息に困っている方や3年程度で返済が可能な方や継続的な仕事に就いている方にはオススメです。

 

また、高額な借金でなく、少額かつ利息分だけで困っている方には良い方法と言えますし、自己破産のように、免責決定がされるまで、士業の制限や車の手放し等もありません。

 

特定調停のデメリット

特定調停は、離婚調停のように調停人の仲介により話し合いを行います。調停人は、民間人なので裁判官のように法律に詳しくない方もいらっしゃいますから、調停人の当たり外れもあるようです。なので、申し立てを行う借金を伴う方に有利な判定が出ない事もしばしばありますし、解決ができない事もあります。

 

また、申し立ての手続きも面倒な為に、個人では申し立てが難しく断念する方もいらっしゃる様です。申し立てをする方は専門家にお願いするのが良いと思います。その一方で利息制限法により、利息の見直しが出来ますが、過払い金の請求は出来ませんから、過払い金の可能性がある方にはオススメ出来ない手段とも言えます。また、差し押さえなどの手続きが容易になり、話し合いでの解決なので結論までに時間がかかります。

 

特定調停はオススメ?

以上のように、特定調停はあまりメジャーな方法ではありませんが、メリットもあります。これからの借金返済について、お金を借りた方と話し合いたい方にはオススメの方法といえます。

このページの先頭へ