MENU

民事再生は、会社でも個人でも出来る手続き。

民事再生は、倒産法に基づいた制度で、平成12年からスタートした再建型の制度です。個人においては、個人再生という事が多く、民事再生といえば、企業の事を指すことが多いのです。民事再生は、個人でも会社でも出来る制度です。

 

民事再生とは何?倒産とは違うの?

もし、自分が働いてる会社が、民事再生の手続きを踏まれたら、自分が解雇されるのではないか不安になります。しかし、民事再生は、自分の会社はこれだけ借金があるけれども、これぐらいの金額の借金なら、なんとか経営が立て直せそうという制度です。

 

つまり、債権者の取り立てをストップして、借金返済について整理をして、資金繰りを整理する為にあります。倒産は、経営陣の退陣が伴う事が多いですが、民事再生の場合は、退陣する必要がありません。

 

民事再生は、どういう場合に行うの?

男性03

民事再生は、倒産の手続きの一つなので、形式上倒産になりますが、取り敢えず借金返済の金額を整理すれば、経営が出来そうな時に取る方法の一つです。

 

また、倒産の手続きには会社再生もありますが、会社再生は株式会社に限られますし、手続きも複雑なので先ずは民事再生を適用できるか否かを判断して、出来かねる場合などに会社再生に切り替える場合が多いようです。

 

しかし、民事再生から会社再生に切り替えることにより株式会社マイカルは、AEONの傘下になりましたから、会社再生は、面倒ですがメリットも大きい制度と言えます。

 

民事再生の手続き方法は?

民事再生は、裁判所の申し立てにより適用されますが、書類作成などに時間を取られるので、行政書士や弁護士にお願いする方が良いです。
また、行政書士や弁護士は、会社の立て直しにも詳しいので、より良い方法を教えてもらう事もありますから、悩んでいる場合は一度相談してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ