MENU

借金をうまく返済したいけど、弁護士に頼むお金が無い場合どうすればいい?

正規雇用者が少なくなっている昨今、止む終えず借金をしてしまう方が後を絶ちません。
一昔前までは、車や一戸建てやマンションの購入や学費ローンなどが主でしたが、近年は生活費の為に借金をする方が多いようです。

 

近年は、貸金業者にも様々な規制をかけられているのですが、気軽に借りやすいクレジットなどから借金をしてしまう方が多いようです。
また、貸金業者もCMなどでクリーンなイメージを全面に出していますから、一応「収支バランスを考えて借りて下さい」という旨は伝えていますが、分かりにくい時のが多いようです。

 

結局、クレジットカードや貸金業者からお金を借りても、急に仕事がクビになったりし、収入減となり収支バランスが取れなくなる場合や、借金を返す為に違うクレジットカードや貸金業者からお金を借りてしまい借金が膨らむ事があります。
借金が膨らむと自分では対処出来ず、弁護士や行政書士に頼む必要があります。

 

相談

 

弁護士や行政書士に頼めない場合は?

 

弁護士や行政書士に頼めない場合は、以下の方法がオススメです。

 

矢印

行政の法律相談に行く

 

弁護士や行政書士の法律相談を無料で行っていることがあります。広報誌や行政のホームページをチェックし、行政の法律相談の日程を確認します。行政だと、自宅から近いですからオススメの方法です。

 

矢印

NPO法人を頼る

 

クレジットカードや貸金業者ではなく、090金融や闇金融などでお金を借りて、取り立てに困る場合などは、NPO法人などで取り立ての救済機関を頼る必要があります。また、無理な取り立てで生命を脅かされている場合などには、警察の通報が必要です。

 

矢印

無料の法律事務所に相談する

 

男性03

借金に限らず、弁護士費用が払えない場合にオススメの方法です。

 

国が設立した機関で相談内容により、関係機関に連携してくれますし、弁護士費用などの一部立て替えを行ってくれます。自ら弁護士事務所に頼るより弁護士費用が抑えられるので、今注目の方法です。

 

 

まとめ

借金返済の方の多くはお金に余裕がない方が多く、自分で解決できない方が少なくありません。
しかし、借金問題は、自分で解決する事は難しい為、自己判断せず、専門家や身内に相談することが解決の糸口になります。

このページの先頭へ