MENU

債務整理をすると会社にバレる?

債務整理には、話し合いで解決を図る任意整理、すべての借金を整理する自己破産、任意整理と自己破産の良いところ取りをした個人再生があります。

 

男性03

就業してる方において、職場は生活をする上で重要な場所です。債務整理をする際に不安なのが、職場にバレてしまい、解雇されるのではないかと不安になります。しかし、現在取り立ての方法も厳しく制限されており、会社に押し掛けて来ることは少なくなりましたし、会社に電話があったとしても、不在か否かの確認程度です。

 

電話は、ローンを組む際にも確認の電話がありますから、あまり怪しまれることはありません。例えば、労使において「債務整理を行うと、解雇を行う」と誓約書を交わされていたとしても、無効の申し立てが出来ます。また、多くの場合、債務整理を行う際は、行政書士や弁護士が仲介に入りますから、本人より仲介人である行政書士と弁護士と債務者との話し合いになります。なので会社にバレるという事はありえません。

 

債務整理で仕事を辞めざるおえない場合は?

債務整理でも、退職しなければならないケースがあります。それは、自己破産を行い、士業や警備員に就いている方です。しかし、就けないのは期間があるだけで、その期間を超えれば再び就く事が出来ます。

 

また、債務整理では個人再生と自己破産は裁判所に申し立てを行い、時間もかかりますから、多くの弁護士や行政書士は話し合いである任意整理を行い、困難な場合は別の方法を用いる事が多いようです。

このページの先頭へ